空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 初音ミク
CATEGORY ≫ 初音ミク
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

プシュケー

初音ミクのオリジナル曲「プシュケー」です。



○ music:フライングジラフ ○ illust:知梨 ○ Drum Arrange:BaKaKYON!


Lyrics
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
長い旅の途中 お腹減っただろう?
舵をとられ 波に身を任せたろう?

冷たい息をして 奮えていたんだろう?
散りばめられたメッセージに気がついたろう?

やかましいココロの口にガムテープを
ひりひりと痛み出すこの指先で

絵の具をあげるよ お好みにどうぞ
白紙を塗りつぶせよ 自由に ほら

お茶目なこまったさんが形而上の言葉を吐く
おしゃべりな哲学者のわんちゃん 笑った
なんにも知らないって とっても楽しいから 
知識を捨てたんだろう?

ベクトルを向け直し 現在地にしるしを
喜びが満ちたなら 舵をとり 好きな場所 目指すのさ
筆が止まるまでは

長い旅の途中 『何』を手放したろう?


Self Liner Notes
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
久しぶりに新曲です!
2年前に製作した楽曲ですが、現環境で再度調整して投稿しました。
イラストは知梨さんに書き下ろしていただきました。

旅の歌っていうのは良いものですね。
民族楽器なども取り入れて聴いていてわくわくするような楽曲を目指しました。
歌詞はちょっと難しいことを言っているかもですが、
伝えたいことは「長い旅の途中 『何』を手放したろう?」です。

それでわ。



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

コロニー・ハロー

初音ミクのオリジナル曲「コロニー・ハロー」です。



○ illust:白熱灯 ( http://www.pixiv.net/member.php?id=2108568 )
○ music:フライングジラフ


Lyrics
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
朝になったら夜になった コロニーのなかで
夜になったら朝になった 番号が呼ばれ 診察室をノックして
朝になったら夜になった コロニーのなかで
夜になったら朝になった 8桁のアイディーで 海馬の部屋にロックして

食べ零していくんだ
消化しきれないぼくらは
でもなんだか満たされ
受け入れてしまうのさ

朝になったら夜になった コロニーのなかで
夜になったら朝になった 番号が呼ばれ 定期検診のお時間さ
朝になったら夜になった コロニーのなかで

あの壁越えて鳥は
何を見るのでしょう
でもなんだか
どうでもよくなってしまった

朝になったら夜になった 目覚めてから何日だ
夜になったら朝になった 眠ってから何日だ

食べ零していくんだ
疑問を抱えないぼくらは
でもなんだか満たされ
受け入れてしまう

感情は抑圧されて
ブラックホールと化してさ
でもなんだか
どうでもよくなってしまった


Self Liner Notes
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
2013年、2曲目の投稿です。
イラストレーターの白熱灯さんトリビュートのための楽曲。
久しぶりにミクさんにうたっていただきました。
楽曲を聴いていただければわかりますが、終始盛り上がりのない淡々とした楽曲です。

"受け入れる"ということは、そこでおしまいを宣言するようなものなのです。
"抗う"ことを放棄してしまったら、そこでおしまいなのです。
すべて受け入れてしまう自分の弱さに潰されていく。
そんな哀しいうたです…少し疲れているのかもしれませんね。

「どうでもよくなってしまった」という言葉を
後向きに捉えるか、前向きに捉えるかは人それぞれだと思います。

それでわ。



web拍手 by FC2

汽車とキセル

初音ミクのオリジナル曲「汽車とキセル」です。




Lyrics
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
かつてないほどの幸せが押し寄せて
稲穂の写真がぶれた
わたしには滲んで見えた

遠くの丘で家畜にマーロウの詩を詠む老人
優しい口笛響き
記憶の背表紙を叩く

あぁ キセルに火を
トランクの偽者達を解き放ち
砕けた空を見下ろそう
何が見えるの? そこからは

予定通り忘れて
終着はどこ 車掌さん
デジャビュな問答 フーアムアイ?
テルミーワイ アイドンノウワイ また

あぁ キセルに火を
トラブルの生みの親は知ってるよ
新しい空見上げたら
何が見えたの そこからは

ブラウニングの詩をふと思い出す

かつてないほどの経験が押し寄せる
大地に足を下ろし
長い鉄路を進め


Self Liner Notes
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
今回の曲は、ミックスの仕方を以前とかなり変えたので雰囲気が異質かも。
なぜかというとメロディ自体はそれほどポップじゃないからかな。
今まではメロディを聴かせたいと思っていたけど今回は曲全体を聴いてもらいたかった。
旅がテーマという時点で曲に流れがあった方が表現し易いと思うんですが、
……どうでしょう。

歌詞の途中で出てくるマーロウの詩とブラウニングの詩はとても好きです。
具体的には、クリストファー・マーロウの若き羊飼いの恋歌と
ロバート・ブラウニングのピパの歌ですが、あまり気にしないで下さい。

Aメロと呼ばれるメロディからはじめる楽曲は、大抵サビかAメロで終わります。
この曲は後者を採用していますが、やっぱり旅をテーマにしているからです。
旅はどこか遠くへ行ってハッピーエンドというわけではないですよね。
旅=経験として最終的な終着地点は今ここ、原点回帰だと思います。

はじめは所構わず足を運び、いろいろな経験をするけれど、
それは自分を知る経験であった事にいつか気付くのかもしれません。

イラストは水溜鳥さんに描いていただきました。


web拍手 by FC2

クロエ

オリジナル曲「クロエ」です。




Lyrics
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
幾度目の朝を迎えた、クロエの家。
リンネルのテーブルクロスに閉じた蔵書と冷めた紅茶。
雪の降るテルトル広場でうたう少女。
昨日知った秘密を溶かして、水を浴びて、口を開けた。
ジェリーフィッシュ、揺蕩い、画家は問う。
「恐ろしいの?」
「…幸せすぎて。」

ぼくらは抱きあって、鳥になったのさ。
だらしない顔で脱いだ服が笑った。

甘く美しい夢を見た。
ロクス・アモエヌス、ふたりの国。
笑う、怒る、あなたを見たい。
恐ろしいね、幸せすぎて。

ぼくらは触れあって、水になったのさ。
天国のような光を呑んで、
美しい夢の続きを知り笑った。


Self Liner Notes
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
自主制作シングルから1曲投稿しました。
少しだけミックスし直しています。
ストリングスが主役と思わせてスネアの数が異常に多いので
スネアが主役なんだと思います、おそらく。
基本Aメロは11拍子ですが、ストリングスがいろいろやってくれているので
気にならない様にはしています。できているのかは知りませんが。
サビは7拍子ですが、これもまた聴きやすいようにはしているつもり。
低音がスカスカなのは仕様です。空飛んでいたかったんです(笑)

イラストはこころさんに描いて頂きました。



web拍手 by FC2

水中ディナー

初音ミクのオリジナル曲「水中ディナー」です。



あの日 きみがいた コウノトリの空
優しい神様がひとつ落とした
ねぇ くだらないお芝居をはじめよう
はやく はやく

さぁ 今日が水中での最後の晩餐だよ わかってる?
ワイン色の世界は居心地が良かったよ おやすみ

穢れてしまった 寛解を夢見た
フォークとナイフで地図を切り裂く

さぁ 水中に潜り込んで晩餐の支度だよ わかってる?
はじまりの場所まできみを連れていくのさ おはよう

手のひらに溢れるほどの夜明けをちょうだい


■セルフライナーノーツ

20作目ということでミクさんに歌っていただきました。
アルペジオは弾いていて楽しいですね、下手さが目立ちますが(汗)
たまに拍子が変わったりしますがシンプルな曲に仕上がったと思います。
弾き語って遊んだりするお気に入りの曲です。


web拍手 by FC2

ルネディ

初音ミクのオリジナル曲「ルネディ」です。



数字のドレス。
赤のカーテンに身を包んで嘘をついたメッセンジャー。
水中の都市。
狂ったように奮えだしたソフロロジー。
ドクターは生まれた町を見下ろす。
回す地球儀。

ジェンネに祈る。
旧市街に雨の予報、今日も。

カーニバルの夜だ。
おもしろくなんかないって。
子供のように抑えきれないくせして。
目隠しして遊びましょうよ。
神話の姿のままで。
ほんとうにうるさい人ね。
いいわ、あそびましょ。

カーニバルの夜だ。
トンネルを抜けたら、
大声で叫んであなたを驚かせるんだ。
血だらけになって忘れてしまおう。
新しい姿になって。
すべて思い出す日まで光浴びて、眠れ。


■セルフライナーノーツ

ゆったりしてるようでしてないような、
でも優しい雰囲気は壊さないようにがんばりました。
音にしても歌詞にしてもそこまで難しいことをしているわけではないし、
述べているわけでもない。
ただ世界のはじまりを静かにお祝いしているだけなのです。
解釈はいろいろあっていいと思いますし、僕もそれを強く望みます。


web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。