空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2012年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
      

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

イヴの胃袋

結月ゆかりと初音ミクのオリジナル曲「イヴの胃袋」です。




Lyrics
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
テレフォンコール、枯れたジャスミン。
シュプレヒコール、閉じた世界。
悪魔たちの朗読会。
天使たちの追悼式。

「汚れた庭で遊ぼうね。」

重ねた君の本性は溢れたホルマリンのなか。
鮮やか吐息落ちた、机の上のルシカ。
街の中、苦しいほど、うつつを知るかい?

ニアリーイコール、生と死は。
物足りなくて楽しいんだ。

重ねた君の本性は溢れたドーパミンのなか。
胃袋、液にまみれて、わたしは膿になりたい。
愛してるよ、哀しいほど、愛してるよ。

もし太陽の街から胸騒ぎさえ消えさって、
粘土の空が泣き止んだら、君とわたしのうたが流れる。

重ねた夢の正体は溢れたドーパミンのなか。
胃袋、破けそうなくらい、わたしは物足りないんだ。
重ねた愛の正体は溢れたドーパミンのなか。
ぐちゃぐちゃのショートケーキで君の遺伝子が芽を出した。
愛してるよ、苦しいほど、愛してるからこそ。


Self Liner Notes
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
汚くて美しい感じにしてみたかったのでこんな感じになりました。
結構前からメロディだけは完成していたんですが、
編曲段階で詰まりまして放置していました。
超ボーマスが終わってからそれを掘り起こして遊んでいたら、
思いのほか自分好みのものができたような気がします。
メロディが難しいのでミクさんも歌うのきつそうで
一緒に歌ってくれているのがゆかりさん、そしてゆかりさんが目立ちすぎた。
聴けばわかりますが自由でめちゃくちゃです。
でもそういうことができるって幸せだと思うから。

イラストは独楽子さんに描いていただきました。



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

クロエ

オリジナル曲「クロエ」です。




Lyrics
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
幾度目の朝を迎えた、クロエの家。
リンネルのテーブルクロスに閉じた蔵書と冷めた紅茶。
雪の降るテルトル広場でうたう少女。
昨日知った秘密を溶かして、水を浴びて、口を開けた。
ジェリーフィッシュ、揺蕩い、画家は問う。
「恐ろしいの?」
「…幸せすぎて。」

ぼくらは抱きあって、鳥になったのさ。
だらしない顔で脱いだ服が笑った。

甘く美しい夢を見た。
ロクス・アモエヌス、ふたりの国。
笑う、怒る、あなたを見たい。
恐ろしいね、幸せすぎて。

ぼくらは触れあって、水になったのさ。
天国のような光を呑んで、
美しい夢の続きを知り笑った。


Self Liner Notes
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
自主制作シングルから1曲投稿しました。
少しだけミックスし直しています。
ストリングスが主役と思わせてスネアの数が異常に多いので
スネアが主役なんだと思います、おそらく。
基本Aメロは11拍子ですが、ストリングスがいろいろやってくれているので
気にならない様にはしています。できているのかは知りませんが。
サビは7拍子ですが、これもまた聴きやすいようにはしているつもり。
低音がスカスカなのは仕様です。空飛んでいたかったんです(笑)

イラストはこころさんに描いて頂きました。



web拍手 by FC2

風の絵の具は何色

こんにちわ。

ディズニーの音楽をたまに聴きたくなって、そして聴いてしまう。
ここのところあまり衝撃的な音楽に出会ってないからかもしれない。
微温湯に浸ってアルキメデスのようにアイデアの誕生を待ってる感じ。
自分好みのものをど真ん中に投げてくれるピッチャーがいない。
まぁそんな簡単には出会えないのかもしれませんね。

ディズニーの音楽は多くの人に愛されていますが、
メロディーだけではなく飽きさせない工夫もされているので興味深いです。
聴いていて飽きてしまうのは作り手としては悲しいので
それをさせまいといろいろ工夫するんですけど、それが巧いです。

衝撃を受けた時が一番アイデアが溢れ出る時なんです。
だから好き嫌いせずにいろいろな作品に触れよう、と。
最近研究し初めているのは「赤毛のアン」ですかね。
過去の名作というのは何かしらの衝撃を与えてくれる宝庫なので
古臭いとか言わずにどんどん読もうと思ってます。

そして忙しくて動画が完成しない、まずい。

それでわ。


web拍手 by FC2

大通りを大魔神が練り歩く

akaikouen

赤い公園を聴いています。
4人組のガールズロックバンドですが、
なかなかおもしろい音楽を生み出しているのでおすすめです。
「透明なのか黒なのか」よりかは「ランドリーで漂白を」のアルバム方が
キャッチーなメロディの曲が多い印象ですが、『透明』『世紀末』などは名曲。



オンコードが多くていいですね。
ジャンルはハードコアとポスト・ロックとトイ・ポップと昭和歌謡だそうですが、
要するにノージャンルでかつ変則的自由を突き進んでいるようです、すばらしい。
是非ともこのまま突き進んでもらいたい。


web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。