空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

雨の季節

こんにちわ。

あっという間に6月も中盤へ。
カレンダーの赤文字が日曜日以外にないという、ブラックマンスです。

近年の日本では、5月病というものがありますよね。
昨今では"新5月病"なるものや"6月病"なるものが増えてきているようです。
新社会人は4月から会社に勤めはじめますが、
まずは研修期間として実際の仕事をすることはあまりないかと思います。
5月の連休を過ぎ、6月に突入すると研修期間も終わるので、いざ本業というわけです。
すると、急激な環境の変化についていけずに、心身共に悲鳴をあげてしまうこともしばしば。
休みがちになったり、軽度の鬱を発症したり、会社を辞めてしまう方もいるそうです。

うちの会社でも4月から働いていたバイトくんが今月で辞めてしまいました。

こういう心の病というものは、自分自身の意識を高めることで治療していくものなのだと思います。
他人の力でどうこうできるものではないでしょう。
心の病の場合は、完治は無く、寛解と言われるそうですね。
つまり、安定期に入った、と。再発する可能性は、ある、ということです。
どんな特効薬があったとしても、自分の意識が低いままでは、
あまり良い結果には辿り着けないのかもしれませんね。

僕だって鬱になる可能性はあるわけですが、
それに過剰な恐れを抱いたりする必要はないわけで。
自分の考えていること、周りが述べていることだけがすべてではないし、
自分の置かれている環境だけが真実ではないのです。

なんだかそれだけ書きたくなってしまいました。
それにしても眠いですねぇ…φ(:3」∠)_


web拍手 by FC2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。