空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ Highland LassTOP雑記 ≫ Highland Lass

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

Highland Lass

こんにちわ。

夏休みということで溜まっている本を読みたいんですが、
なぜか古くさい本に手がいってしまうんですよ。
ルイス・キャロルの不思議の国のアリスだったり。
宮沢賢治の銀河鉄道の夜だったり。

わたしは文章を読むのが遅いので一冊読み終えるのに1週間はかかります。
それ以上かかると最初の方の内容を忘れてしまう。
またはやく読むと感情移入できずにつまらない読書になる。
なので寝る前にちまちまゆっくり読んでるのです。

懐古趣味があるわけではないですが、
懐かしい価値観で歌詞を書いてみるのもおもしろいかな、と思う日々です。
さて、ワーズワースの詩でも載せましょうか。

  見てごらん 畑の中に
  一人の乙女が働いている
  麦を刈りながら 歌っている
  しばし足をとめて聞き入れば
  麦を刈り 束ねながら
  物憂げな歌を歌っている
  その歌声はあふれるように
  深い谷間に響き渡る

  ナイチンゲールさえ こんなにも
  心に響く歌は 歌えない
  アラビアの砂漠を行く隊商の
  疲れた心にも染み入る声
  春を告げるカッコウの声も
  こんなにも心には響かない
  ヘブリディーズの最果ての海の
  沈黙をも破る豊かな歌声

  彼女が歌うのはどんな歌か
  遠い昔の悲しい出来事
  過ぎ去った日々の戦いについての
  悲しい調べの歌なのだろうか
  身の回りの出来事についての
  ありふれた物語なのか
  悲しみ 別れ 痛みなど
  人間にせまる試練の歌か

  調べもそらに 乙女は歌う
  まるで終わりのない歌のように
  歌いながら 働き続ける
  麦刈る鎌にかがみこみながら
  身動きもせず 私は聞き入り
  そして丘を登っていったが
  歌声は心にしみついて
  いつまでも響き渡るのだった

この詩を読むとスコットランド風の音楽が浮かんできます。
やはり音楽を作る上で他の芸術作品は欠かせないです。
音楽だけではありません。なにかを作ろうとするとき、
作られるものはきっとなにかしらから影響を受けたものになります。
そのうえでオリジナリティーを追究するのです。

夏バテに気をつけましょう。
水分と適度な塩分、そして、食べる、寝る。
これで大丈夫。

それでわ。
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。