空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 音楽を愛して狂う者曰くTOP雑記 ≫ 音楽を愛して狂う者曰く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

音楽を愛して狂う者曰く

こんにちわ。

最近はやることとやりたいことが多くて少し忙しいですが、
やっぱり好きなことをやるのは楽しいですしどうにかなってます。
ギターを弾く機会が増えてレコーディングにも慣れてきましたが、
スルツェイを弾き語りで弾いて遊んでいるとCメロで詰みます…まだまだ未熟です。

物を作るときはこんなの作りたいっていう何かがあったりします。
それは頭の中に浮かんだこの世にない新しい物かもしれません。
しかし、それを形にするとき、なぜか既存のものに近づいてしまう。
それがつらくて苦しい瞬間で、自分に絶望するんです。これが生みの親の苦悩?
頭の中に浮かんだものをそのまま形にする力が自分にないばかりに…と。
まぁそういうところも全部含めて自分の作品を好きになってしまうのです。
作者としては自分の作品を自分が好きにならなくてどうするのか、と。
ほんとに矛盾だらけな感じではあります。
というか何を言いたいのか自分でもさっぱりわかりません。

最近聴いてるのは「書を愛して狂う者曰く 紙は常に我らと共に」。



それでわ。

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。