空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 窓明かりはいくつTOP雑記 ≫ 窓明かりはいくつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

窓明かりはいくつ

adfafd.jpg

こんにちわ。

真綾さんのシングルコレクションとトクマルシューゴのアルバム買いました。
坂本真綾の歌う楽曲に共通して言えることは転調が多いということ。
転調することが良いとか悪いとかいう話ではないです。
菅野よう子が作編曲を担当していた時が全盛期だったとは思いますよね。
聴いていておもしろい音楽というものと聴きやすい音楽というものの共存、
この壁を壊してくれるのですから、菅野よう子カムバックとも叫びたくなります。
僕は最近の楽曲も好きですよ。

「プラチナ」をはじめとし、「約束はいらない」「Gift」や
アルバム「グレープフルーツ」収録の楽曲そのものが好みという方は、
真綾さんの歌声が好きというのもあるかもしれませんが、
やはり菅野よう子作の楽曲が好きなんだろうと思います。

歌詞が良いとか悪いとかで楽曲を好き嫌いする方もいますが、
たしかに歌ありの音楽なのに歌詞を疎かにしているのは問題ですね。
ですが、言葉で伝えられない感情や感覚はすべて音に入っています。
だから音を聴けば作り手の想いも感じることはできるはずなのです。
クラシックとかはそうですね。



トクマルシューゴの楽曲はなんでこんな拍子ころころ変わるんですか(笑)
この方の音楽は民族調が多いですよね。
きっとその手のジャンルばかりやっていたのかもしれませんね。
民族音楽をかじった作曲家はミニマルや実験音楽の道へはしる傾向があります。
このアルバムもミニマル臭い(笑)楽曲が多く収録されていておもしろいです。

それでわ。
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。