空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ bean throwingTOP一般記事 ≫ bean throwing

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

bean throwing

こんにちわ。

節分と言えば、日本とその他隣国の伝統行事ですが、
フランスでは聖燭祭と言われる祝日があるらしい。

キリスト生誕12月25日から40日後のこの日(2/2)、
クリスマスシーズンの終わりとして、クリスマスツリーを燃やすとかなんとか。(…ほんとかよ)
えーっと、ようはこの日に、聖母マリアが神殿で出産の穢れをはらい清めを受けたこと、
またキリストが神の子として初めて聖堂に現れた日として祝しているらしい。

ただ伝統行事は時代が進むに連れて廃れていくらしく、
今では2/2は「クレープ焼いた!食べた!おいしいね!」って、
クレープの日になってるそうな。

日本でも豆撒きが行われる家庭が減少しているようで、
伝統に縛られるのはどうかと思いますが、
個人的には伝統行事って良いなぁ、って思いもありますので、
廃れていくのはどうも寂しい限りです。

僕は仏教徒ではありませんが、
仏教の信条からすれば、「鬼は内、福は内」と言って、
豆撒きするのが良いのかな、と思います。
鬼は自らの中におり、追い出すことはできない。
上手く折り合いを付けて一生を共にすることが大切なのでは、と。

それでわ。
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。