空飛ぶキリンとお茶会

The most beautiful thing in the world is, of course, the world itself.



フライングジラフ名義でボーカロイドの作品をニコニコ動画に投稿しております。
ミクさんやゆかりさんをはじめ、GUMI、IAなどを使用します。
民族音楽やポストロックなどを好んで聴き、そして、作ります。
もっとメロディアスな音楽を。もっとおかしな音楽を。
―ちょうだい。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 少しも寒くないわTOP雑記 ≫ 少しも寒くないわ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2

少しも寒くないわ

こんばんわ。

アナと雪の女王を観てきました。音楽が素晴らしかったです。
観賞は日本語吹き替えでしたが、吹き替えもなかなか完成度が高く、
観ていて特に飽きずに楽しめました。

雪だるま作ろー。
音楽で時間跳躍をするのは手法としてよくありますが、
このメロディーが曲中で何度か登場し、
特にラストシーンでファンファーレのようにこのメロディーが鳴ったときは、
何とも言えないカタルシスが味わえます。

「生まれてはじめて」もミュージカル調でいいですよね。
これはザ・ディズニーって感じだなぁ。
神田沙也加さんも歌うまいよね。のびのびしていて。
アナとエルサの光と影の掛け合いがなんとも悲しいですが、
ふたりは生まれてはじめての体験をすることに関しては共通ですが、
アナは前向きに、エルサは後ろ向きにその事象を捉えています。



松たか子さんのうたう日本語版「レット・イット・ゴー」が化け物みたいな音楽でしたね。
ディズニーらしさもあり、洋楽ポップの王道でキャッチーなメロディー。
「少しも寒くないわ」のメロラインは最高過ぎて泣けてきます。
再生数すごいな笑

というわけで、ミュージカルを観に行くと思っていけば、
音楽はもちろん、映像の美しさもハイレベルなので、楽しめること間違いなし。

ストーリーは期待しないでください。
ラストはディズニーお得意のハッピーエンドに向かうため、
ご都合主義が過ぎる解決法を見せつけられますので。
でも、「真実の愛」を旧ディズニー定番の王子様に託さなかったのは救われた。
ディズニーも現代向けにちゃんと工夫している。

とりあえず、映画館に音楽を聴きにいくだけでも元は取れるので。
おすすめです。
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。